本当の獣医とは・・・

今日、仕事を早めに切り上げ、夕方、しまを近所の動物病院に連れて行きました。
はじめにかかった獣医さんは家から車で30分強かかるので
ちょっと遠いなと思っていたので
近くの病院に行ってみました。

以前野良でネコエイズに感染していることを話し、
去勢のことを話すとこういわれました。
「ネコエイズの子を去勢すると器具にエイズウィルスがつくから
あまり引き受けたくはないのですが、どうしてもというなら
考えます」と。

さらに、ネコエイズの子は、いずれは・・・だから
去勢しても意味がない。と。
そのあと、まぁ、長生きする子もいますが、と付け加えていましたが。
そして、さらに驚いたことには
おなかの調子があまりよくないしまに
「えさを変えたほうがいいというのもありますが
私の治療方針に100%納得していただかないと
中途半端に餌を売るのも無意味だと思うので
いらないんじゃないですか?」と・・・。

野良の子をつれてこられると伝染病が恐いんです。とも言われました。

傷つきます。

「小さい頃からおうちでかわいがられてる安全な子だけを診療します」と言っているようでした。

獣医さんも商売です。
でも、獣医さんは、心も獣医さんであってほしい。
実際に無理でも、心だけは助けてあげたいという気持ちを
持っていてほしい。

はじめの遠い病院は、いいところと聞いて行ったのですが
(遠くて断念したのですが)やはり遠くてもそちらに
行こうと思い直しました。

飼い主は獣医ではありませんが、
飼い主ほど自分のペットを理解しているものはありませんし、
飼い主ほど心から思っているものはありません。
獣医だからといってすべてが信頼できるとわけではないし、
自分の見極める目と判断が必要なのだと思いました。

しまは全力で私が守ってみせるわっ!

0124

箱がすき

先日、うちにジュースの詰め合わせが届いた。

その内訳はこちら

★中身のジュース→人間
★はこ→ネコ

0123-2

0123-1
しまさん、あなたが入ってる箱、
35cm×38cmでけっこう大きめなんだけど・・・。

けど、モンプチ(ネコにとってすごくおいしいらしい?)を見せると
一瞬にして目がきら~ん★
箱もかなわず。
0123-3
(ネコ漢方のごほうびです♪いつもじゃないよ)

食欲があっていいことだ(^-^)
あ、でも、体重はそこらへんでおさえておいてね。

島の朝帰り疲れました。

昨日、雪の中、堂々と雪に埋もれながら
ネコパトに近所の取締り強化にでかけた島尾。

積もった雪が17センチだからよかったものの、
これが30センチとかだったらどうしたのでしょう。
短い足のしまは、完全に埋もれてしまいますが・・・。

そんなしまは、今日、朝帰りでございました。
この、不良ネコ!って私に言われながら、
ご飯を食べ、熟睡です。

そうそう、この前、「しま三日間いなくなった事件」の次の日から
しまさん、リビング解禁になりました。

いま、一番のお気に入りの場所は、
「私が座椅子に座っている時の私の後ろ・・・」です。

0121-1.jpg

どんどん、占領されます・・・。
0121-2.jpg

仕方なく私は違うところに移動するはめに。
うちではやっぱりしまが一番えらいらしい(^-^)

雪でもネコパト

今日は雪が降ってけっこう積もりました。
テレビでは17センチって言ってたっけ?

しまさん、お昼はおうちにいて寝ていたのですが、夕方のこと・・・。

しま「にゃぁ(俺はネコパト行きたい!)」
私 「外は雪がけっこう積もってるよ。外、見てみる?」

ドアを開けて一緒に外にでました。
ちょっと戸惑うしま。
それから、振り返り、私を見上げる。

私「だから言ったじゃん」

しま、自ら、家に戻る・・・。

それでも、あきらめきれない、しま。

しま「にゃぁ(やっぱり、いく!)」
私「じゃ、ドア開けてあげるから、外、寒いんだからね」

再びドアを開ける私。
階段を下りるしま。
雪を触ってみるしま。

再び私を見上げるしま。
そして、戻ってきた、しま。

行きたいのに行けないのがありありとわかる。大変そうね(笑)

さて、また、10分後。
しま「にゃぁー(やっぱり、どうしても、ネコパトはさぼれねぇ!)」
私「はいはい、じゃ、行ってくれば」

3回目ドアを開ける私。
迷わず走って階段を下りたしま。

しま「にゃ!(行ってくるぜ)」

↓ねぇ、足、埋もれてるよ。なんなんだか(笑)
 気をつけていってらっしゃい。
0122-1

0122-2.jpg

しまの散歩

昨日は朝晩としまとリードでお散歩を約1時間ずつしたのですが、
これがまたかわいくって楽しくって、
でも、疲れるってば・・・。

しまは犬みたいに散歩しました。
道路沿いに歩いて、電柱にマーキング。
また、次の電柱にマーキング。
何か気になるものがあると、走ってく。ネコなのに・・・。
犬がくると伏せる。
男の人がくると逃げる。
子供をみると引き返す。
女の人はぜんぜん警戒しないで平気ですれ違える・・・(^-^;

私が知らない道を止まってみたり、寝転んでみたり、我が物顔に歩いてく。
そして見事にしまに先導され
うちに帰ることができました。
できたコースだわ・・・と少し感心。

町内の道、いろいろしまに教えてもらってしまった人間の私です(笑)
それにしてもしまのテリトリーは広かった。

すれ違う人にけっこう話かけられました。
「犬かと思ったらネコね」とか「お、ネコ、散歩か」とか、いろいろ。

ネコの散歩目立つなぁ。

↓お気に入りのダンボール
0117-2.jpg

0117-3.jpg

0117-4.jpg