セカンドオピニオン。(長文)

食物アレルギーが気になって
気になるなら調べちゃった方がいいかなと思い
昨日、その検査にかかる費用を
いつもの動物病院と
ちょっと気になっていた動物病院に電話して聞いてみました。

どちらともの病院に
ネコが調子悪く食物アレルギーの可能性があるなら
検査したい。その際にかかる検査費用を教えてほしいと
電話してみました。

いつもの病院は
「34000円です。」とそれだけでした。
気になっている病院に電話してみたら
「どのような調子ですか?いつから症状でていますか?ごはんは何をどのくらいあげていますか?」など
10分くらいいろいろ話しをして、アレルギーの検査もその子にあった物がいいので
一概にいくらとは言えないので、一度受診して相談しましょう、とのことでした。

そうか・・・。と思い

今日、朝からしまさんを
新しい病院に連れて行ってみました。

前に行っていた病院とは違って規模は小さい病院で
先生は一人の病院です。
T先生。

先に患者さんがいて、5分くらい待って
しまさんの診察になりました。

今までの経緯をすべて話し、
ファイリングしてあったしまさんの血液検査と尿検査の結果一覧を見せ、
今のんでいるお薬も見せました。

食べているごはんもぜんぶ持って行ったので
それらも見ていただきました。

ものすごく念入りに触診し、聴診器であちこち確認。

検査結果と私の今までの話した経緯と
しまさんをみながら
可能性のある病気をひとつずつあげてひとつずつ消していきました。

「見た目は健康。元気に見える。
血液検査も尿検査も問題ない。
でも、これだけではわからないものも多いんです。」とT先生。

そして

「ネコは吐くのが多いと言っても、吐くのには原因がある。
 どこかに問題があって吐くのだからひとつひとつ可能性のあるものを
 検査していってなるべく体の負担にならない方法からで
 調べてみましょう」

この言葉を聞いて信頼できると感じました。
いつもずっとこの言葉を待っていました。

「甲状腺機能亢進症の検査はしましたか?」と聞かれたので
「?? いえ」と答えると
この検査すすめられた?みたいにもう一度聞かれたので
「いえ、すすめられたのは今が初めてです」と。

高齢猫にけっこう多い病気らしくて
出る症状も猫によるらしい。
「この病気を疑って検査に出すと8割くらいはそうなんですよ」と説明されました。

しまさんもこの検査をすることにしました。

どうも甲状腺近くの血管から採血しなくてはならないらしく
首の所の毛を刈られてしまったしまさん。
飼い猫志願
先生一人で一瞬のうちにバリカンで毛を落とし、一瞬のうちの採血でした。
すごい・・・。

内視鏡で胃の中などを見るのも有効なのですが
先にこの検査をやったのは
甲状腺機能亢進症の病気があると
麻酔をするのが危険とのいうこともあるらしい。

そんなこと以前の病院で一言もいってくれなかったよ・・・。
歯石とりで麻酔するときに、
リスクを減らすためにできる検査は全部お願いしますと
言ったんだけど、たぶん大丈夫でしょうと
いつもの普通の検査だけだった・・・。
よく吐く猫なのでこの検査の候補の一つだったのかもしれない。
知っていれば検査してもらったのに・・。

とりあえず、その血液検査の結果は来週わかることに。

そして、今回
えっ?っと思ったことが
今までに出されていた薬のこと。

しまさんがよく吐くのは朝方。
黄色い感じのもの。
これは胃液ではなく胆汁が入ってるもので腸液。
その腸液が胃に逆流すると黄色い液体を吐く。
腸液はアルカリ性。
胃は酸性。

ごはんを食べていない時は
胃酸が出ていなくて
そこにアルカリの腸液が逆流すると
胃はアルカリにやられてしまうらしい。
そして、そこにごはんをたべると
気持ち悪くなって吐いてしまうらしい。

え?今まで胃酸抑える薬出てたよ・・?

胃酸抑えなくていいんじゃん・・・?と思っていたら

T先生から
2種類のうちの胃酸をおさえる薬は飲まなくていい。
吐き気止めは飲ませてもいい。
と言われました。

T先生は詳しくいろいろ説明してくれました。
パソコンの画面と本の両方で本当にわかりやすく説明してくれました。

10:00に入室したのですが
出たときは10:50でした。

待っていた患者さんを
時々様子見に行って
ちょっと待っててねと
声をかけながら
しまさんの診察に50分もかけてくれました。

ごはんの説明も
アレルギーの話ももちろんしてくれました。

いろいろ、勉強になりました。本当に・・。

↓帰ってきてちょっと機嫌が悪いしまさん・・・。
飼い猫志願
そしてかなり疲れたらしい。
そりゃそうだよねぇ。
はじめて会った人に50分間ほぼ触られていたんだもんねぇ。
よくがんばりました。しまさん(^-^)

そうそう、インスタは「sasaruri」「ささじまるりこ」でやってます♪

ガラスギャラリー
飼い猫志願

「シャムネコしまさん」に一日一回投票クリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

シャム猫疑惑。

しまさんは天気が良くて涼しい日は
ネコパトに行く。

先日、家の裏の空き地をパトロールしているときに
ご近所さんに出会った。

しまさんとは初対面。

ご近所さん:「あらぁ、いいネコねぇ。ほんといいネコ。」

私:「いえいえ、雑種ですよ。サバトラなんです」

ご近所さん:「いーえ、絶対、いいネコ。シャム猫よ!シャム猫!」

私:「いえいえ、そんないいネコじゃないんですよ。昔野良だったんです。
 ただの雑種ですよ~」

ご近所さん:「いーえ、もう絶対シャム猫!シャム猫よ!」

と言いながら行ってしまいました・・・。

シャム猫でいいか・・・
と思った私としまさんでした(笑)

飼い猫志願

飼い猫志願

飼い猫志願

飼い猫志願
それにしても、足、短いな。しま。

そうそう、インスタは「sasaruri」「ささじまるりこ」でやってます♪

ガラスギャラリー
飼い猫志願

「シャムネコしまさん」に一日一回投票クリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ

食物アレルギーを疑って。

添加物を含むねこおやつをやめて
明らかに吐く回数が減ったしまさん。

でも、まだ薬なしだと吐く。

以前、食物アレルギーを疑って
グレインフリー(穀類が入っていない)のカナガンを購入した時は
しまさんがまったくどうしても食べてくれなくて
あきらめたのだけど
今回また別のメーカーのグレインフリーのごはんを
食べさせてみることにしました。

先日いただいたコメントで
やはり食物アレルギーもあるかもしれないと
思って
9/8(金)にいつもの動物病院に相談に行ってきました。

「血液検査もレントゲンも尿検査も問題ないのに
やはり吐くのはごはんが関係している可能性もありますか?
食物アレルギーの可能性はどうでしょうか?」

と率直に聞いてみました。

先生の反応はいまいちでした。
「食物アレルギーはそんなにいないからね。ごくわずかで可能性は低いと思いますけどねぇ。」

という答えでした。

薬飲んで吐かなくなっているのだからそれで様子見ましょうの
いつもの感じです。

でも、私が納得しないのを見て
「でも、ごはんで改善されるかもしれないなら、ごはん変えてみましょうか」

ちがうんです。私が思っているのはそんなことじゃないんです。
薬で吐かなくなるのはいい。
荒れていた胃や食道などが治るのもいい。

でも、求めているのは、根本的な改善なんです!

確かにネコはよく吐く動物かもしれない。

でも、それには意味がある。

必ず原因がある。

その原因を取り除いてやらないと
しまはずっと苦しいままじゃん!
と、正直腹がたちました。

わからないとまだ言ってくれた方がいい。

で、いつものごとく
「この年齢のねこちゃんにしたら
 血液検査も尿検査もいい値です」

そうじゃない。

いい値なのに、しまが調子悪いって言ってるんだ!

いい病院だと思い込んでいなかった?私?
進められるがままに検査して
進められるごはん食べさせて
信じていたけど、これじゃだめだ。
私がもっと知識をつけて賢くなければ
しまは調子が悪いままだ。

とりあえず、先生がではと言った
低分子プロテイン(ロイヤルカナン)の500gのごはんは
購入してみた。

でも、やっぱりこれどうかな・・と感じて
いろいろ調べて
やはり、グレインフリーで無添加のごはんもあげてみることしてみた。

アマゾンで次の日に届くグレインフリー、添加物なしのアカナのお魚味を最初に購入。
同じくグレインフリー添加物なしのオリジンのご飯も明日届く。

そして金曜からは
穀物が入っているごはんはきっぱりやめた。
phコントロールを食べていたので
ウェットの物は平行して食べてもらうことにした。
お水はいっぱい飲ませるようにした。

土曜日にアカナが届いて
早速しまにあげたら
ものすごい勢いで食べて満足したよう。
いいかんじ(^-^)

そうしたら、この数日間で
驚くほど調子がよくなってきた!

金曜から薬は一度も飲んでいない。
金曜から一度も吐いていない。
気持ち悪いというような表情も見せない。
出ていた鼻水も出ていない。
ぜん息もでていない。

見た目明らかに調子がいいので
嬉しくなって
「しま、調子どう?いいかんじ?」と
ついつい聞いてしまう(笑)

グレインフリー!添加物なし!って
すごい!

そして、今までの私の無知を
しまさんに申し訳なく思う・・。

それにしても、世間には
なんと本来の猫の性質に向かないごはんが
多すぎることか・・。

添加物、穀類の多く入ったもの・・。
猫は穀類は消化できないと言いながら
腸内環境を良くするためといいながら
けっこうな量の穀類を入れる。

日本では動物には禁止されていないからと
他の先進国では禁止されている添加物を使う。

もっと早くにいろいろ勉強していればよかった。
獣医さんのいうことを丸のみにするだけでなく。

ごめんよ。しま。

でも、しまが調子が悪いときはぜったいあきらめないから。

動物病院、変えようと思いました。

※ところでよく広告でみかけるカナガン、シンプリーはものすごくいいように書かれていますが
私的にはちょっと胡散臭い。ステマやアフリエイトで報酬金額が高いし、
アマゾンでのレビューがほんとみんな買って後悔してるのが多いのです。

そうそう、インスタは「sasaruri」「ささじまるりこ」でやってます♪

ガラスギャラリー
飼い猫志願

「しまさん」に一日一回投票クリックお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ